ハピスノ

ハピスノ(HAPPY SNOW KIDS)とは

ハピスノとは、ファミリースキー&スノーボード情報メディアであり、ファミリースキー&スノーボードイベント主催者であり、そして、ファミリースキー&スノーボードを広く普及・啓発していく伝道師でもあります。

メディアとしてはフリーペーパー「ハピスノ」と、この「ハピスノweb」を運営。イベント主催者としては上村愛子さんの家族対抗!雪上運動会や初心者限定の無料キッズレッスン会などを開催。

そして、伝道師としては、メディア展開やイベント開催はもちろんですが、いろいろな他のメディアの方々へ情報を発信することで、ファミリースキー&スノーボードの露出機会を増やす努力もしております。

ちなみに、ハピスノとは「HAPPY SNOW KIDS」の略。じつは、3年前、多くのパパ・ママの公募から、語呂のよさ、響きのよさで選ばせていただきました。

2020/21シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で、フリーペーパーの発行とイベントの積極開催は断念いたしました。が、スキー&スノーボード情報を求めている方は少なからず存在する、との判断のもと、編集部ががんばれば、お金のかからない(笑)webでなら、積極的な情報発信をしていくことは可能だろうと、webサイトをオールリニューアル。

さらに、今シーズンから情報発信に協力していただく「ハピスノ応援団」を結成し、スノーリゾートをはじめとする様々な情報拡散に努めていきます。

ただ、そんな活動にも残念ながら限界はあり…。

ハピスノに接した方々にお願いをしたいのは、ハピスノ伝道師の役割をぜひとも皆さんにも担っていただきたいということ。この素敵なファミリースキー&スノーボードというレジャーを、みなさんの力で、ぜひ拡散していってください。

みなさんの口コミ、そして、SNSでの発信が集まれば、ハピスノという1メディアはもちろん、多くのマスメディア以上の力になる、というのは間違いありません。発信する内容なんて、凝らなくていいんです。雪と子供のハシャぐ姿、パパ・ママの笑顔、それだけで。

みなさまのハピスノ伝道師としてのご協力を、ぜひともよろしくお願いいたします。

ファミリースキー&スノーボードの魅力とはなにか? よく聞かれる質問です。これまで、いろんな魅力を語ってきましたが、最近、気づいたことがあるんです。

5歳、タングラムスキーサーカスで初キッズモデルを経験した長男は、いまや大学生。今年、成人式を迎えました。彼はいまだ、ファミリースキー旅行についてきてくれます。

ふと、まわりを見渡してみたんです。中学生になっても、高校生になっても、スキー&スノーボードだけは家族で続けている、という方がとても多い。他のスポーツやレジャーと違い、子供だけでは行きづらいからかもしれません。それでも、両親と一緒を恥ずかしがるお年頃なのに、スキー場にだけは家族で行く。そんなファミリーが多いのは事実。

まだまだ検証は必要かもしれませんが、ファミリースキーは家族の絆を永遠のものとしてくれる、魔法のレジャーなのかもしれません。だからこそ、この素敵なレジャーを、より多くの親子に伝えていく必要がある、そう改めて感じている今日この頃です。

ハピスノ編集長

写真は2005年のもの。彼ももう20歳。ということは私も…。そして、カミサンに内緒で出したことで怒られる(笑)